×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初秋の中央アルプス 

紅葉・樹氷の越百山・南駒ケ岳・空木岳 2006.10.7-8-9


この秋の紅葉は中央アルプスでと計画がたった

106日夕方北九州出発、3日間の天気予報はこの時点ではまずまずである

山陽自動車道・中央自動車道と中津川ICを経て木曽路、大桑の伊奈川橋手前を右折、伊奈川ダム奥の登山口駐車場には7am5:50到着、明るくなるのを待つのと準備を整え、620出発、すぐのゲートを右より回りこみ橋を渡れば空木岳へと行く林道を左に見送り、右へと進む。705、南駒ケ岳・越百山の分岐から右の沢沿いを越百山へ道をとる。ここからは1100越百避難小屋(2000円)、到着までの登りである。
                                   

徹夜の運転から疲れが残る中、今日はここまでとし、いつもの宴会が夕方まで続いた。

8日、545夜明けを待ってスタート、昨晩から風が強い。

すぐに樹氷の世界へ、しかし630越百山山頂付近から猛烈な風となる。


                     

ここからは空木への縦走路、稜線を歩く、登山道はほぼ西側についているが猛烈な西からの風の為、体を吹き飛ばされそうになり、体力が奪われる、慎重に仙涯崖を経て、1000南駒ケ岳に着いたが大事をとって擂鉢窪避難小屋(1000円)へ2日目を終える。

大変な行程であったが途中の樹氷・紅葉・神秘的なガスはこの天候でしか味わえません、特にここカールの紅葉は見ものですよ。この日、北アルプスでは遭難が相次いでいました。  
        

  

  
  
   

   


 

      

    

9日、快晴の朝を向かえ、540小屋を後にする。稜線にでると山頂付近を雪で覆われた御嶽山が雄大だ。快適な縦走路、気持ちよく歩けば空木山頂は730360度の展望はすばらしい。

   

     

     


     

木曽殿小屋へと岩場を下り、830モーニングビール、東川岳をトラバース気味に8合目へ後は樹林帯を下り北沢1030、うさぎ平1130、駐車場到着は1300

秘湯 灰沢鉱泉で汗を流し帰北しました。